お問い合わせ

よくある質問

データ分析によって何が分かるのでしょうか?

データを正しく分析することで、会社の経営改善に役に立つ様々な情報を掴むことが可能です。 例を挙げますと、顧客になりやすい相手を予測することで営業効率を上げたり、コストを徹底的に分析することで無駄の削減につながったり、 取引先の経営状態を予測することでリスク回避を行ったりすることができます。お客様がお持ちのデータを解析することで、眠っているデータを経営のために有効利用致します。

データを用いた意思決定にはどのようなものがありますか?

企業内部では様々な部署で、データに基づく意思決定が必要となります。会社における組織の中でも、データ分析は重要な役割を担うことになります。マーケティング調査、人事評価、品質管理、売上分析など、様々な場面で意思決定が必要です。このような経営に結びつく意思決定にデータ分析を利用することで、さらなる業務改善やコスト削減が見込めます。

データ分析にはどのようなものがありますか?

様々な分野でデータ分析がされています。例えば、「銀行での信用リスクの開発」「保険会社でのリスクモデルの開発」「製薬会社での治験のデザインと解析」「格付け機関での組織評価」「医療関係機関での疾病リスクの開発」「各企業のマーケティング部門での顧客管理」なとがあります。データ分析は分野横断的であり、様々な分野で応用されています。アイアナリシスは様々な分野の事例を扱っており、どの分野のご相談もお受け致します。

どのようにしてデータから価値を発見するのでしょうか?

蓄積されたデータから価値を発見するためにはデータ分析が必須です。日本だけでなく世界的に分析者が不足しております。アイアナリシスは数少ないスタッフでも、お客様のデータを最大限に活用できるようにノウハウを提供致します。

コンタクト

※すべての入力欄にご入力ください。

※本お問い合わせフォームでお問い合わせできない場合は、お手数ですが contact[at]ianalysis.jpの方へ直接お問い合わせ下さい。

ページTOPへ