アイアナリシス合同会社は、データサイエンスやAIを活用した事業拡大

データ駆動経営・DXの経営層を支援しています。

 

2011年に設立して3年で23業種44社にサービス提供を行いました。

うち16社が一部上場企業です。

ビッグデータやデータサイエンスの重要性が高まった時期で、

データ活用を広めるためにコンサルティングやセミナー活動、システム開発など行っていました。

データが正しく活用されるよう、

データサイエンティスト協会の立ち上げにも協力しました。

その後はサービス提供先を絞って支援し、特にNTTドコモ社に重点的にコンサルティングを行い、

ドコモ全会員のLTV(Life Time Value)を計算するシステムを構築しました。

 

 

現在はCEOの倉橋一成が中心となって

データ駆動経営や経営企画、DXの経営層を支援しています。

クレディセゾン社ではCDO(Chief Data Officer)として、

高砂熱学工業ではCDXO補佐として活動しています。

 

 

 

 

CEO 倉橋一成(くらはし いっせい)

 

 東京大学医学系研究科で医療分野の統計学に関して研究し、保健学博士を取得しました。博士論文は遺伝子データや健康診断データの分析や機械学習・AIに関する内容です。大学卒業後は、東大病院の情報システム部に助教として勤めてITやエンジニアリングについて学びつつ、アイアナリシス社を設立して医療以外の分野でデータ活用のコンサルティングを始めました。データサイエンス分野への期待が高まった時期でもあり、データサイエンティスト協会の発起人となり、業界を大きくしていくことへ協力しました。コンサルティングの経験は、20業種以上、50社以上です(個人の業歴はこちらにあります)。

 NTTドコモ社では、全会員何千万人ものLTV(Life Time Value、生涯価値)を計算する仕組みを3〜4年かけて作り、社内で運用されました。クレディセゾン社では、クレジットカードの不正利用を検知する仕組みを改善することに成功し、新たに年間数十億円の不正を防ぐことができました。

 現在はクレディセゾン社のCDO(Chief Data Officer)や高砂熱学工業のCDXO補佐として、各社のデータ駆動経営や経営企画、DXの支援をしています。ビジネス分野以外ではアーティストとして活動しており、油絵を描いて出展したり個展を開いています(アート活動はアトリエイッセイのページで紹介しています)。

 

 

取引実績

データ活用事例

 

NTTドコモ LTV(Life Time Value)を開発し、経営に活用
博報堂子会社広告代理店

家庭用レコーダーのデータからテレビ視聴率を予測 

本田技研工業株式会社

新たな経営指標の開発し全国のディーラーで年間約120億円の売上増加を示唆

インターネット広告ベンチャー

性別を95%の正解率でリバースプロファイリングするアルゴリズムを開発

情報セキュリティ会社

社員の情報漏えいを未然に防ぐアルゴリズムを開発

IHI 不審船を発見するAIの開発支援
タブレット教育会社 ユーザーの回答データを利用して最適に出題するAIの開発支援
婚活マッチングサイト マッチングアルゴリズムの開発支援

著書

 

統計分析をビジネスにどう活用したらいいか、図解付きで分かりやすくまとめています。

機械学習やAIに関しても、基本的なことは網羅しています。

 

 

 

現在のサービス・お問い合わせ

 

 現在は 倉橋一成がDXやAIを中心に経営支援をしています。

 

プロジェクト推進の現場支援や教育、経営会議で方向性の議論、

データ活用視点での経営企画、社内DXシステムの開発支援など、

 

データやAIの知見を活かして、経営から現場まで組織全体を通して活動しています。

 

もし弊社や倉橋についてお問い合わせがありましたら、

 

contact[at]ianalysis.jp

 

までご連絡ください。お待ちしております。

 

 

 

会社情報

 

会社名 iAnalysis(アイアナリシス)合同会社
設立年月日 2011年3月24日 
事業内容 データ駆動経営やDXを推進するための支援
所在地 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1403
電話番号 03-6868-3490
メールアドレス contact[at]ianalysis.jp

 

旧ホームページはこちらです >>